スキップしてメイン コンテンツに移動

#006 「世界遺産の宇治・源氏物語を訪ねるみち」編

3月17日(土)13時、 良い天気の京阪宇治線 宇治駅前から、移植DE散歩スタートです。

京阪宇治線 宇治駅前集合でしたので、いきなりゴール地点の宇治橋を渡り、スタート地点の平等院に向かいます。


宇治橋を渡り、紫式部像の前で記念撮影です。

矢印の表参道から平等院に向かいます。
まだ喉は乾いていないと思いますが、宇治茶を味見…。

平等院前で宇治茶組を待ちます。

平等院正門から庭園へ

真っ青な空に、朱色の平等院が映えます。

平等院をバックに記念撮影。

今回は、ご家族、お孫さん連れ、ベビーカーでも参加頂いています。
平等院南門から喜撰橋に、後ろに見えるのが十三重石塔です。本来ならば天ヶ瀬ダム方向に向かうのですが、少々?ショートカットします。
橘島から朝霧橋を通り、対岸の宇治十帖モニュメントに向かいます。
ショートカットしましたので、朝霧橋は頑張って下さい。

この日は、上流の天ヶ瀬ダムから放流していたため、流れも速く、水量も多かったようです。
対岸に渡り、宇治十帖モニュメントは歩きながら確認して、宇治上神社に向かいます。

宇治上神社は世界遺産に登録されているそう。拝殿だけでなく、本殿も見れば良かった…。

源氏物語ミュージアム

源氏物語ミュージアムはしっかり見学しましたが、写真がないので三室戸寺に向かいます。
三室戸寺に到着しましたが、拝観受付が15時30分と早くて拝観出来ませんでした。
門の前ですが、記念撮影。

参加頂いた皆様、お疲れさまでした。今回も無事完歩しました。

コメント

このブログの人気の投稿

#004「商都・堺、千利休と与謝野晶子を偲ぶみち」編

11月26日(日)13時、関西初開催の移植DE散歩、堺駅からスタートです。
今回は堺駅からスタート地点が遠いため、⑥から回るコースとしました。
この判断が後々影響を与えます。
⑤龍女神像を対岸から望む。右下の写真は事前に散歩して撮影。 旧堺燈台に到着。当日の天気予報は晴れでしたが、ポツポツと雨が降り出します。
天気に悩まされながら、大浜公園の一等三角点が設置されている標高6.97mの日本一低い山である蘇鉄山に登頂しました。 大浜公園から延々と歩き、南宗寺に到着する。この区間は天気も悪く、道も寂しく辛い道のりでした。
宿院頓宮に辿り着くが、雨のため(忘年会で時間がない?)足早にさかい利晶の杜、千利休屋敷跡と歩き、与謝野晶子生家の跡前で記念撮影。

最後に開口神社へ、「商都・堺、千利休と与謝野晶子を偲ぶみち」なんとか完歩しました。 天候の悪い中、ご参加頂きありがとうござました。

#005「伊豆修善寺・文学と花のみち」編

秋の紅葉に包まれた伊豆修善寺を歩きました。
12月2日(土)13時、名物のお蕎麦でお腹を満たして移植DE散歩スタートです。
修善寺温泉駅バス停から日枝神社(ひえじんじゃ)に向かいます。



スマホアプリのaruku&(あるくと)でコースを確認し、日枝神社から指月殿(しげつでん)に向かいます。
指月殿に到着、伊豆最古の木造建築だそうで、歴史を感じます。

源頼家の墓(みなもとのよりいえのはか)でお御籤を引くと大吉2連発、十三士の墓(じゅうさんしのはか)とチェックポイントを回り修禅寺(しゅぜんじ)に向かいます。

修禅寺に到着。
独鈷の湯(とっこのゆ)に到着、足湯には入りませんでしたが、温泉を体感しました。手には何故か、わさびジェラートが…。

桂川沿いの遊歩道をあるき、竹林の小径(ちくりんのこみち)を通り抜けます。

桂川を渡り赤蛙公園(あかがえるこうえん)に向かいます。


 源範頼の墓(みなもとののりよりのはか)から修善寺梅林(しゅぜんじばいりん)に向かいます。
修善寺梅林に向かう坂を登ります。コース前半は桂川沿いのため起伏がありませんでしたが、ここから大変でした。